FC2ブログ
2010.01.12 *Tue

Secret Garden10

その剣に刻まれていた紋章、それはオルドローズの招待状にあった
薔薇の紋章とまったく同じものに見えた。


「じぃちゃん、ちょっとこれみてくれる?」


これが本物のオルドローズの紋章ならばここで出会ったのも何かの
意味があるに違いない。
オルドローズの紋章をはっきり覚えているのはGだけだ。
ジョーカーはその剣をGへと差し出した。

ランプを近くの安定している箱の上へと置き、Gはジョーカーから
その剣を受け取るとランプの方へと近づけて、その紋章を照らし
確認した。


「間違いございません。この剣はグレイスさまがオルドローズさまへ
紋章をお授けになったときに一緒にお授けになった紋章の剣でござい
ましょう。その証拠に・・・」


Gはゆっくりと、その剣を鞘から引き抜いた。
剣はスルリと簡単に抜けたが、その中身は通常の剣とは大きく違って
いた。
顔が映るほどに磨き研ぎ澄まされている剣、けれどその剣に一番重要と
される刃がないのだ。
先端も細くはなっているが、丸みを帯びている。

切ることも刺すこともできない剣。


「紋章を王や女王から授かるときに一緒に授かる剣には、与えて
くれた王や女王に決してその刃を向けぬ者の証という意味もあり、
戦える刃をつけないのが古くからの慣わしでございます。もちろん
それは城に携わる者の中でも古くから仕えている者や実際に紋章を
受けたことがある者でなければ知ることはありません。ですので
これは鞘や柄の細工の見事さから言いましても、間違いなくオルド
ローズさまの紋章の剣だと思われます」


Gが剣をそっと鞘に戻し、ジョーカーへと手渡した。


「そうか・・・それならこれはオルドローズへの手土産に持ってい
くことにしよう。この剣だってこんなガラクタに埋もれているより、
持ち主のところに帰りたがっているだろうし・・・それにいざという
時、戦うには不向きな剣でも何も無いよりはましだ」
「オルドローズ様も、きっとお喜びになることでしょう」


Gの言葉にジョーカーは静かに頷き、オルドローズの紋章の剣を
帯剣ベルトへと差し込んだ。






スポンサーサイト




COMMENT

薔薇=オルドローズ!
刃のない剣だったのか~!
なんかそういうのもカッコいいね^^
薔薇の紋章素敵~(*´ω`*)
2010/01/12(火) 21:52:09 | URL | もじゃ #2jhckwX6 [Edit
こんにちわ。
う~ますます面白くなってきましたね。
目が離せません。
小説をあまりお読みにならないとのことですが
すごい!!
絶対、才能がおありになると思います。
2010/01/13(水) 14:20:33 | URL | さとちゃん #/tFE2JW. [Edit
しろもじゃ
薔薇の紋章がどんなものか、私の頭の中でも想像
できてません^^;
(デザイン能力の限界を超えてます)

でも恐らくとっても美しく格好いい紋章だと
思われます!(笑)

2010/01/13(水) 19:28:48 | URL | Rose' #DhuRAo1g [Edit
さとちゃんさん
そんなにお褒めいただいたら調子にのって
どんどん更新してしまいそうです!(*ノωノ)

この先もう少しどきどきする展開になってくる
予定なので楽しんでくださいまし!^^*
2010/01/13(水) 19:41:53 | URL | Rose' #DhuRAo1g [Edit

Comment Form


秘密にする
 

*** admin ** NewEntry ***

FC2カウンター



プロフィール

Rose' (ロゼ)

Author:Rose' (ロゼ)
 
ただの薔薇マニアです…。
 
シルバニアファミリーをベースにして
+アレンジを楽しんでいます。

真夜中のシルバニアは大人の密かな
楽しみなのです☆













ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



オークション情報





Copyright © しるばにあ かふぇ。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・