This Category : Secret Garden

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.02.02 *Tue

Secret Garden14

二人の兵士は塔の地下にある広間の重い扉を閉め、踵を返すと
廊下に置いてあったランプを持って、ゆっくりと階段の方へ
移動をしながら話し始めた。


「一応城にも報告はした方がいいだろうか」
「いや、そこまでの必要はないだろう。所持品も問題無しだし、
場所は地下だ。仮に脱走するのにどこかに穴を掘るとしても、
この塔の周囲は硬い岩盤だから、火薬で爆破でもしない限り抜け
道なんて作るのは無理だろう。手作業で掘ったとしたら、それこそ
何年かかるかわからないし、それだったら手がマメだらけになって
るはずだから、手を見ればすぐに判る。あの3人のようにマメひと
つない手ではないさ」

「そうだよな。それにあの格好・・・普通脱走するのにドレスやら
正装やらなんて着ないよな。普段着てるものの方が断然動きやすいし」
「うむ。常識ある人ならば、もっと動きやすくて闇に溶け込めるような色の
服を着るだろう」
「うんうん、常識ある人なら・・・・


そう口にした兵士達の脳裏にチラリとシェリルの顔が浮かぶ・・・。


「・・・やっぱり一応報告だけしておくか」
「・・・そうだな」


二人は顔を合わせると大きくため息を吐いた。


あの3人を見張り、脱走や妙な真似をさせないこと。
外部から不審者が侵入するのを防ぐこと。
それが塔の見張りとしての仕事だ。
だが、何かが心に躊躇いを生む。

デイジー女王のことは国中みんなが敬愛している。

別に悪政を強いるわけでもなく、国を愛し大事にしている素晴ら
しい女王。
だが罪のないジョーカーやシェリルを死んだように見せかけ、
陰で幽閉している女王。

偽りの葬儀が行われた時には、国民はそれは深く嘆き悲しんだ。
先代のグレイス女王の逝去から立て続けの悲しみ・・・国民に
愛されていた愛らしい小さな兄妹の死。
そのせいで国は一時期重く沈んでいたが現女王がとても頑張った
おかげで国は明るい笑顔を取り戻していた。
その懸命な姿勢が高く評価されたおかげで、国内には一度だって
内乱が起こったり、女王に反旗を翻す等という者はでなかった。

もしそこで、あの二人がそのまま暮らしていたとしたら・・・
現在この国はおそらく荒れていたかもしれない・・・。

息子に国を譲りたい一心のデイジー女王、先女王の忘れ形見の
王位継承権第一位と第二位をもつ二人。

そこに派閥が生まれ、争いの元となるのは誰が考えても理解
できるだろう。
そうなっていけば戦がおこり、この国はどんどん荒廃していって
しまうだろうことはとても安易に想像がつく。

もちろんデイジー女王の中にもその恐怖は心底あったので、
そうなる前にと偽の兄妹死去を結論として出したのだ。

おかげで今、国民はあの二人がここでどんな生活をしているの
かも知らず、憂うこともなく、幸せにくらせている。

それはここを衛る兵士達にとっても喜ばしいこと・・・。
けれど・・・自分達は真実を知っている。
国民が笑えるようになった陰で、この幽閉された塔のなかで
ひっそりと咲く2つの薔薇を。

簡単に言ってしまえば、自分達だってみんなの幸せの為だから
・・・と自分に言い聞かせて塔の中に隠される重大な秘密を隠蔽
する手伝いをしているようなものだから、今更女王を裏切って、
国を荒らして・・・などという行為はできようはずがない。

それでもあの二人に触れるたびに、神に祈りたい気分になってくるのだ。


「なぁ・・・知ってるか?」
「ん?」


先に階段を上り始めた兵士が顔をまっすぐに前方へ向けたまま、
声を潜めて呟いた。


「ジョーカー様もシェリル様も・・・必要以上に俺達に関わって
こない理由」
「人見知り・・・とかじゃないよな」
「Gさんに前にちらっと聞いたことがあってさ、『あのお二方は
「自分達にもし兵士さんたちが必要以上に関わってしまって、
女王の怒りをかうことがあってはいけない」ととても心配して
おられるのです。だからどうぞ、懐かないご様子のお二人をお嫌い
にならないでさしあげてください』ってさ・・・・」
「そっか・・・・窮地に立たされても、優しさを忘れない方たちなんだな」
「「・・・・・・」」


黙り込んだ二人の兵士。
恐らく胸中は非常に似た感情が渦を巻いているだろう。


「・・・なぁ、アルフ」
「どうしたヴェタ?珍しくその名前で呼ぶなんて」
「俺教会の神父の前では話すことができない懺悔があるんだ。
今ここで懺悔してもいいかな」
「・・・それを俺に聞けと?」
「お前にしか言えない懺悔なんだ」
「・・・しょうがねぇな・・・。言ってみなその懺悔ってやつを」


アルフと呼ばれた兵士が近くの壁に凭れ掛かり目を閉じるとヴェタ
と呼ばれた兵士が床に膝をつき、手を胸の前で組むと、口を開いた。


「俺はもうここまで善悪の区別をつけれないままに、この仕事を請け
負ってやってきたが、本心を今いっても許されるのなら・・・・
あの優しく悲しい兄妹と、それをずっと陰ながら傍について守ってきた
Gさまにも・・・逃げる場所があるのなら、いっそ無事に逃げてほしいと
思っている・・・・これが本心だ」
「・・・・・」
「すまんな、こんな懺悔をきかせてしまって。もう絶対口にはしないから、
君の胸の内にしまっておいてくれ」
「ああ、そんな心配はいらんぞ。・・・実は俺もお前と同じ気持ちで今まで
ずっとこの塔を衛る兵士をしていたんだ」
「!?なんだ、お前も同じ気持ちだったのか」
「・・・・かといって俺らが手引きをするわけにはいかないがな」
「・・・お城に知らせには行こう。ただしもう深夜なので緊急の伝書鳩は
使えない。見回りの兵士も今夜は城に借り出されていて、そいつらが戻る
までは俺とお前の二人だけしかいない。こういう場合にはどうするんだっけ?
マニュアルでは」
「確か、緊急以外のことであれば交代の要員が到着するまでは、そのまま
待機せよ。だったよな」
「んじゃ急ぐこともないってことだから、とりあえず伝書鳩だけとばして
おけば問題ないだろう。まぁ・・・夜だから着くのは朝になると思うが」



二人で段取りを気にしつつ、ニヤリと笑いあう。


「今日仕事があがったら一緒に飲みにいこうぜ!」
「ああ、お前とならいい酒が飲めそうだ」


二人の兵士はお互いの肩をバンバンと力強く叩き、励ましあった。






☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆ ☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


すみません、なんか体調悪化でぐるんぐるんしております。
今回はちょっと2人の兵士さんにスポットをあててみました。
無駄に長くなってしまってごめんなさい;


お話の続きをお待ちの方は↓にある、『拍手』をぽちっと押して
くださいまし♪
それが『話の続きまってるよ』の合図になっております。
※コメントが苦手な方はコメントなしの押し逃げでOKです

もちろん拍手ではなくコメントでも大歓迎です(`・ω・´)ノ
スポンサーサイト

2010.01.28 *Thu

Secret Garden13

「ここにいる理由はよく解りました。ですが塔の規則で、お二人が
普段とは違う場所で何か普段と違うようなことをしていた場合には、
塔から出ることが許されていないジョーカー様の簡単な所持品の
チェックをさせていただくと決まっているので・・・申し訳ないの
ですが・・・」
「かまわないよ」


申し訳なさそうに所持品のチェックを申し出る兵士にジョーカーは
快く応じた。


「では、何かお持ちのものがあればこちらへ」


そう言われてジョーカーは胸の内ポケットからトランプ一組とポケット
チーフ、そして帯剣ベルトに挿してあったオルドローズの紋章の剣を
差し出した。
兵士の内の1人がそれを受け取り、もう一人がジョーカーの身体を
左右からポンポンと叩き、ボディチェックを始める。

幽閉されているとはいえ、王位継承権第一位の王子のボディチェック
なんて本当は兵士だってしたくはないだろう・・・。
だがジョーカーにとって、身体の所持検査よりも気になるのは検品の方だ。

あの剣がオルドローズの紋章の剣だと解るとは思えないが、それでも何か
問題があれば、没収されてしまうことだろう。
持っていたトランプにしてもジョーカーの大事なマジック(手品)の相棒だ。
シェリルがピアノに光を見出した様に、ジョーカーはマジックに光を見出した。

唯一所持していたトランプはマジックの道具の中でも、物心ついた時から
一時も放した事がないというくらいジョーカーが大事にしているカード。

今回はたいしたものは仕込んでいないので、チェックされても不都合は
なかったが、それでも心配な部分はあった。


「失礼いたしました」


そう言ってボディチェックをしていた兵士がジョーカーから離れ、預かった
もののチェックに加わる。

しばし、兵士二人でその品をチェックし、『トランプとポケットチーフには
問題なしだ』『その剣は?』『こちらはどうやら剣先も刃もない装飾用の
摸造刀のようだな』『そうか、では問題なしだな』『ああ』・・・と会話をし、
問題無しの結論を出してそれを元の状態に戻すと跪き、ジョーカーへと
差し出した。


「大変失礼な事を・・・どうぞご容赦くださいませ」
「それが君たちの仕事なのだから、気にしなくていいよ」


所持品を戻されてホッとした表情を浮かべたまま、戻された品々を元の
場所へと設置していく。


「それともう一つだけ、大変失礼なことをお願いするのですが、ジョーカー
様を除いたシェリル様とG様には手をみせていただきたく、お願いいたします」
「手?・・・手だけでいいの?」
「はい」
「わかったわ」


そう言いながらシェリルは白く美しい手を兵士の方へ差し出した。
それに倣い、Gもいつも愛用している白い手袋を外して小脇に抱え、兵士達へ
手を向ける。


「では・・・失礼いたします」


兵士の1人がその二人の手に触れ、指の付け根や指のあたりを簡単にさわり
、確かめるとすぐに一歩下がり頭を下げた。


「ありがとうございました。どうぞ手袋をお嵌めください。持ち物チェックも
問題なしですし、理由もわかりました。ここでダンスの練習をなさっている
ことを他の兵士達にも伝えておきますので、何かございましたら、ご遠慮なく
お呼びください」
「ああ、そうさせてもらうよ。ありがとう」
「では、他も回らなくてはなりませんので、これで」


そういって二人の兵士はドアから廊下に一度でて、再び3人の方を向き、深く
一礼をしてドアを閉めた。




☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆ ☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆





お話の続きをお待ちの方は↓にある、『拍手』をぽちっと押して
くださいまし♪
それが『話の続きまってるよ』の合図になっております。
※コメントが苦手な方はコメントなしの押し逃げでOKです

もちろん拍手ではなくコメントでも大歓迎です(`・ω・´)ノ

2010.01.17 *Sun

Secret Garden12

兵士とジョーカー達3人の間に数秒の緊張が走り、けれどジョーカー達を
認識した兵士によってすぐにその緊張は解かれた。


「ジョーカー様とシェリル様でしたか。失礼をいたしました。侵入者かと
思ったものですから・・・」
「いや、かまわないよ。こんな夜更けまで見回りご苦労様だね」


剣を下ろし謝罪を口にした兵士に、内心の焦りを押し殺したポーカー
フェイスでジョーカーが優しく労いの声をかける。
こういう光景は珍しい事ではない。
ジョーカーもシェリルも塔に出入りする兵士達に対し、一度も偉そうな
こと口にしたことはなく、友達のように狎れ合う事はなかったが、労い
の言葉をかけたり、心配をされれば礼を言ったりと、とても良好な関係を
築いてきた。


「恐れ入ります。しかし・・・こんな夜更けにこんな場所で何を?」


それは尋問というより、心底不思議に思っての質問という感じだった。
それでも核心に触れられて一瞬言葉に詰まる。

だが意外にもその一瞬の沈黙を破ったのは、先ほどまで絶望に俯いていた
シェリルだった。


「まぁ!こんな時間にこんな所で、こんな格好で人目を忍んですることと
いったらダンスの練習に決まっているじゃないの。明日のサロンで私も
他国の偉い人とダンスを踊らなくてはならないのよ。失敗してヒールで足を
踏みつけて穴でも開けたら国の一大事になっちゃうもの。だからお兄様にも
こんな格好をしてもらって特訓しているってわけよ」
「はぁ・・・」


納得したようなしないような・・・兵士達は半信半疑といった顔だ。
それもそうだろう、それならば地下じゃなくてもいいんじゃないかという
疑問が湧く。
だが今度はそれに気づいたGがすかさずフォローを入れた。


「お部屋でしていただこうかとも思ったのですが、シェリル嬢ちゃまの
ダンスはとてもパワフルでダイナミックで大胆ですので・・・。お部屋で
ダンスの特訓などいたしましたら高価な調度品の危機にございます」
「えっ!!ちょっとじぃ、私そこまで酷くはないわよ!?・・・チェスト
の1つくらいは壊すかもしれないけど」


Gと完全に否定しきれないシェリルのやりとりに、兵士達の表情は
「あ~・・・」と声に出しそうな程、同情的なものへと変化した。
兵士達はシェリルのダンスなど見たこともなかったが、恐らく日ごろの
シェリルの元気すぎる立ち居振る舞いから簡単に想像できてしまったの
だろう。
もうこうなったらダンスが酷いというあながち嘘でもないシェリルの
不名誉を理由に押し通すしかない。


「まぁ・・・そういうことです」
「それは、練習のお相手をするのも大変そうですね・・・兵士用の脛あて
でよければお貸しいたしましょうか」
「ありがとう。疲れてきて避けきれなくなったら借りに行くよ」


兵士達から向けられた物凄い同情の視線と言葉に、ジョーカーはお芝居
ではない苦笑いを返した。




☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆ ☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆



お話の続きをお待ちの方は↓にある、『拍手』をぽちっと押して
くださいまし♪
それが『話の続きまってるよ』の合図になっております。
※コメントが苦手な方はコメントなしの押し逃げでOKです

もちろん拍手ではなくコメントでも大歓迎です(`・ω・´)ノ

2010.01.13 *Wed

Secret Garden11

「とうとう最後ね」


その部屋は塔の地下の最も奥にひっそりと存在していた。
今は蜘蛛の巣やら埃で豪華さは感じないが、他の部屋のドアよりも一際
大きな両開きのそのドアに施された彫刻は中々立派なものだ。
そのドアの前で3人は立ち止まった。


「確かここ、何も無いがらんとした広いホールだったわよね・・・」
「ああ・・・」


大きな不安が3人の中に広がっていく。
日付も時間も場所も確実な事は何も解らない。
塔の地下だというジョーカーの推理が外れていて、もし、ここに入って
『道』が存在しなければ、3人は確実に追い詰められ幸せとは程遠い場所
へと追いやられるだろう。

今はただ、そこに『道』が存在してくれることを願うしかない。


「では、参りましょうか」


Gの問いにシェリルもジョーカーも無言で頷いた。
もう後戻りは出来ないのだ。
それならば目の前にあるドアを開けるしかない。

Gがドアの取っ手に手をかけ静かに引けば、ぎぃぃぃぃ・・・という
不快な音が辺りに響き渡った。

Gを先頭に歩を進め、最後尾のジョーカーが同じ不快音を響かせながら
そのドアを閉める。
地下と言う場所だけに窓は一切なく、まして光源はGの持つランプ
1つのみだ。
周りの闇が濃くて入り口からでは周りの壁すら見えない。


「とりあえず、部屋の壁伝いに回ってみるしかございませんね・・・」
「そうだな・・・確か昔ここに冒険で来た時には、壁のところどころに
照明用の蝋燭があったと思うから、それを探してランプの火をうつし、
部屋を明るくしてみよう」


部屋の端から一つずつ明かりを灯していき、徐々に部屋全体が見渡せる
ようになっていく。
最後のひとつに火を灯した頃には、もうGのランプが不要なくらいの
明るさになっていた。

3人で部屋の中央に移動し、部屋をもう一度ぐるりと見渡した。


「ないわ・・・どこにも『道』なんて・・・」


シェリルがそう言って唇を噛み締める。


「シェリル・・・」


絶望に肩を震わせる妹の肩を優しくジョーカーが抱きよせる。


「まだわからないよ。夜明けまでにはまだ時間はある」
「そうでございますよ。もしかしたらこれから開けるのかもしれません
し、何かの都合で遅れているのかもしれません」


ジョーカーの言葉にGが同意し、胸ポケットから懐中時計を取り出して
時間を確認しようとした瞬間、ばんっ!!という激しい音がしてホール
のドアが開かれた。


「動くな!」


低く威嚇するような声がホールに響き渡る。
息を飲んで3人が一斉にそちらを見れば、そこには見回りの兵士が剣を
構え立っていた。







2010.01.12 *Tue

Secret Garden10

その剣に刻まれていた紋章、それはオルドローズの招待状にあった
薔薇の紋章とまったく同じものに見えた。


「じぃちゃん、ちょっとこれみてくれる?」


これが本物のオルドローズの紋章ならばここで出会ったのも何かの
意味があるに違いない。
オルドローズの紋章をはっきり覚えているのはGだけだ。
ジョーカーはその剣をGへと差し出した。

ランプを近くの安定している箱の上へと置き、Gはジョーカーから
その剣を受け取るとランプの方へと近づけて、その紋章を照らし
確認した。


「間違いございません。この剣はグレイスさまがオルドローズさまへ
紋章をお授けになったときに一緒にお授けになった紋章の剣でござい
ましょう。その証拠に・・・」


Gはゆっくりと、その剣を鞘から引き抜いた。
剣はスルリと簡単に抜けたが、その中身は通常の剣とは大きく違って
いた。
顔が映るほどに磨き研ぎ澄まされている剣、けれどその剣に一番重要と
される刃がないのだ。
先端も細くはなっているが、丸みを帯びている。

切ることも刺すこともできない剣。


「紋章を王や女王から授かるときに一緒に授かる剣には、与えて
くれた王や女王に決してその刃を向けぬ者の証という意味もあり、
戦える刃をつけないのが古くからの慣わしでございます。もちろん
それは城に携わる者の中でも古くから仕えている者や実際に紋章を
受けたことがある者でなければ知ることはありません。ですので
これは鞘や柄の細工の見事さから言いましても、間違いなくオルド
ローズさまの紋章の剣だと思われます」


Gが剣をそっと鞘に戻し、ジョーカーへと手渡した。


「そうか・・・それならこれはオルドローズへの手土産に持ってい
くことにしよう。この剣だってこんなガラクタに埋もれているより、
持ち主のところに帰りたがっているだろうし・・・それにいざという
時、戦うには不向きな剣でも何も無いよりはましだ」
「オルドローズ様も、きっとお喜びになることでしょう」


Gの言葉にジョーカーは静かに頷き、オルドローズの紋章の剣を
帯剣ベルトへと差し込んだ。








*** admin ** NewEntry ***

FC2カウンター



プロフィール

Rose' (ロゼ)

Author:Rose' (ロゼ)
 
ただの薔薇マニアです…。
 
シルバニアファミリーをベースにして
+アレンジを楽しんでいます。

真夜中のシルバニアは大人の密かな
楽しみなのです☆













ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



オークション情報





Copyright © しるばにあ かふぇ。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。